台風5号

 今日は 立秋 なんですが、台風が近づいていて、風情も何もあったもんではありません。
台風で思い出すのは

   遠くたしかに台風のきている竹藪の竹の葉

という、荻原井泉水(おぎわら せいせんすい)の句です。わずかな風を受けて揺れている竹の繊細さを表現していると教わったような。
確か高校の国語で習ったと思うのですが、この作者は“自由律俳句”なるものを確立したとか。
学校で習ったのは、五七五の定型に縛られず、季題にもとらわれないということだったので、そんなの俳句やないやん。と思ったのを覚えています。とは言え、習ってから50年ほども経っているのに覚えているということは、秀句なんでしょうか?

 台風は、あらかじめ用意されている140の名前を順番に付けて行くとかで、今近づいている台風5号は「ノルー」だそうです。韓国が用意した名前「のろじか(鹿)」の意味らしい。7月21日に発生して2週間以上もウロウロ。それで「ノロ」と言うのか・・・では無さそう。でも確かにノロマですね、あとから発生した6号から11号はもう消滅しているのに。

 ちなみに今後12号が発生したら名前は「クラー」。名前を用意した国はタイで、意味は 薔薇(ばら) だそうです。
140の名前が用意されているということは、1年間に30個の台風が発生するとして、約5年で一巡してまた同じ名前が使用されることになりますね。

 しかしこの5号、早く通過してくれないと、雨量が多く蒸し暑くてたまりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とっしー

  • Author:とっしー
  • とっしーのつれづれへようこそ!

    几帳面なA型。
    カラオケでは演歌。なんたって日本人は七五調です。

    写真撮影、旅行などを静かに楽しむのが好きです。

    次の目的地まで、地元の純米酒などを味わいながら、ゆっくりとした列車で流れゆく風景を眺める、なんていいですね。

    気に入った風景、鉄道、その他の画像を入れてゆこうと思います。
    たまに覗いてくださいね。

  • 北海道 旅行情報
    北海道 旅行情報
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク