四国ウロウロ3日目 最終日

 三日目、もう(やっと?)最終日です。

saiakjhgb.jpg

 朝起きて朝食のあと、ひとりで周辺を散策。このような雰囲気のところを歩くことってあまり経験できないこと。穏やかな海を見ながらブラブラ。
saibpoikj.jpg


 K君宅へ戻り、「さあこれからどこへ?」と。
そうやなあ・・・希望していた四国カルストは昨日良い天候のもと訪れたし、遊子水荷浦の段畑も何度か行ったことだし。(しかも今は収穫後で、あまり見栄えしない時期)
内子(古い町並み)かなあ・・・それとも法華津峠かなあ・・・。と言ってもよく知らないのです。昨年松山から宇和島への急行バスで通って、確か景色が良かったと記憶している程度。

 そしてK君車を走らせてこんな山道へと。(左はガケ)
saicjhnbgk.jpg
 これでも昔は国道だったようですが、対向車が来たらどうすんの?というような道が延々と続きます。現在の国道56号はこの下を、長短10本のトンネルで抜けています。

 幸い1台の車ともすれ違わなくて到着。
saidkjhnqp.jpg
 法華津(ほけつ)峠 。 標高は400mあまりだそう。
saievbvbmn.jpg
 ここにはごらんの歌碑があって、帰宅後調べたところ、
“山路こえて、ひとりゆけど、主の手にすがれる身はやすけし”
というもので、西村 清雄という人が作った賛美歌だそうです。

 リアス海岸の宇和海と、みかん畑の眺めが素晴らしいです。みかんの収穫時期ともなると、一層きれいことでしょう。

 真ん中右寄りには予讃線の線路があって、列車の通過を撮影しようとスマホで時刻を調べている・・まさにその時 列車が通過。 あ〜あ 。
kurikakuuwa.jpg
 あわててシャッター押したものの・・・クリックすると拡大しますが・わかるでしょうか?
一眼レフカメラに良いレンズを付けて、三脚使用して撮影しなけりゃ。もちろんあらかじめ列車の通過時刻を調べて。


 西予市側へ峠を下って、ここはJR伊予石城駅そば。
saigvcpqdfh.jpg
 「わらぐろ」という、田んぼで稲を刈り取って脱穀した後の藁を、円錐状に積み上げたもので翌年に牛のエサとかに使用したものなんですが、これはそれをマンモスのアートにしたものなんですね。 普通列車(1両なので列車ではないのか)と一緒に。


 このあと少々待って特急「宇和海」が駅で行き違いするのをパチリ。
saihbvpqsg.jpg



 次にやって来たのは有名なローカル駅。
saijvcdujh.jpg
 青春18きっぷのポスターでおなじみの「下灘」駅。ここ訪れるのは2007年の秋以来です。(あれからもう10年近くなるんやなあ・・・)


 ホームで弁当を食べるとっしー。
saikyhbgbt.jpg


shimsummhg.jpg
 実はこんなに訪問者がいるのに迷惑かな。

 ここでK君A君と別れ、JR利用で伊予市駅と松山駅で乗りつぎ帰宅の途へ。
sailwhgsa.jpg
 これは伊予市行き1両のディーゼルカー、女性の運転士でした。さきほどの下灘から乗車したのはとっしーを含めわずか。多くは車で訪問です。

 松山駅到着。乗り換えの特急発車まで30分ほどあるので、一旦改札を出てちょっと買い物。その後ホームにある駅そばを食べることにします。(徳島駅では食べ損なったことだし)
saimbbvnnv.jpg
 愛媛ならではの“じゃこ天うどん”なるものもあるのですが、私はオーソドックスに“かけそば”。
sainytgfo.jpg


 乗車する列車が到着。おおっ! アンパンマンや。
saiorfrfdu.jpg


 新幹線を除き、全国各地で列車の車内販売が無くなっている中、JR四国では、わずかな区間(時間)でも車内販売をしています。この列車では販売員が観音寺から乗車して来て、宇多津までは“しおかぜ”車内で、その後併結している高松行“いしづち”に乗り移り、高松へと向かうようです。観音寺〜宇多津だと20分ほどしかありません。でもこういう努力(サービス)は応援したくなります。(他のJR各社も見習って欲しい)というわけでコーヒー購入。ホントならもっと高額な品を買いたいところですが。
saizsawqm.jpg
 窓外に蒸気機関車が見えています。ここは多度津駅、かって活躍した8620型、通称ハチロクが保存されています。


 瀬戸大橋を渡り、30分ほどで到着した岡山駅のホームで撮影。“いしづち”と切り離した貫通扉部分は、こんな顔のアンパンマン列車です。
saiqbbvapy.jpg

 このあとはh新幹線で姫路、新快速で尼崎へと向かいました。旅も終わりです。お付き合いありがとうございました。


 そうそう、本来なら姫路駅で「駅そば」を食べるところなんですが、松山で駅そばを食べたことだし・・・と、スグの新快速に乗り換えて大正解。そのあと六甲道駅で爆発物騒ぎがあって、多くの電車が運休や遅延となったようでした。また、下灘へ行ったことにより、当初の予定より1本早い“しおかぜ”で帰ったのも幸いでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とっしー

  • Author:とっしー
  • とっしーのつれづれへようこそ!

    几帳面なA型。
    カラオケでは演歌。なんたって日本人は七五調です。

    写真撮影、旅行などを静かに楽しむのが好きです。

    次の目的地まで、地元の純米酒などを味わいながら、ゆっくりとした列車で流れゆく風景を眺める、なんていいですね。

    気に入った風景、鉄道、その他の画像を入れてゆこうと思います。
    たまに覗いてくださいね。

  • 北海道 旅行情報
    北海道 旅行情報
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク