四国ウロウロ2泊3日 その2

 さてこの徳島駅のホームで。
祖谷そば(いやそば)を食べようと思っていたのですよ。プツプツと切れる有名な蕎麦です。まあ味は好みが分かれるところですが。

 駅の2番ホームにあるこのお店。いわゆる駅そばですが、社会福祉法人カリヨンが、知的障害者の就労支援の一環として運営という、駅そばとしては異色の「麺家れもん」。
tosoremmgfr.jpg
 ところが、なんと日曜・祝日は休み。駅そばには休みなんか無いだろうと思い込んでいたとっしー、うかつでした。(思い込みもなんも、全く考えもしなかった) 

  気をとりなおし特急列車で香川方面へ。
awkokknhg.jpg
  山が迫ってきた阿波大宮駅で下りの「うずしお」と行き違い。

 長短いくつかのトンネルで阿讃山脈(本来は讃岐山脈らしいけれど、特に徳島県側ではこう呼ぶとか)を越えると、
asasammmyt.jpg
 パッと視界が広がり海も見えてきました。
syasasann.jpg


  2010年秋に上記トンネルの上、大坂峠近くから撮影した景色。
toutosatoggt.jpg



 この列車は高松行なんですが、ここで下車。
shidddefe.jpg
 志度駅です。
shijjer.jpg
 なぜココで降りたのか・・・


  JR志度駅前の道路を渡ると、すぐに高松琴平電鉄(ことでん)の志度駅があります。
shikottdrt.jpg
 ことでん志度線の終点。

  やってきた電車が折り返し瓦町ゆき。
kotshikav.jpg


  三両編成ですが、ガラガラ。
kotsyannhgf.jpg
 真ん中の車両はしばらくの間とっしーの貸切です。


  すぐに海岸を走り、車窓はこんなに綺麗。
kotsyummhg.jpg



 ことでん志度線で下車したのは・・・
kotomstccx.jpg
 大町駅。
kottoccgeasq.jpg
 ここは、今や数少ない途中下車指定駅になっていて・・だからと言って下車したわけではありません。途中下車指定駅というのは、JR線なら基本100㎞以上の乗車券なら目的駅までの駅でも下車して、再度続きを乗車できる(例外あり)のですが、私鉄ではあまりありません。興味がある方は“途中下車指定駅”で検索してみてください。
 ことでんの場合、この大町や屋島・瓦町・栗林公園・仏生山・一宮・滝宮などがあります。観光や買い物で下車しても運賃が割高にならないのはありがたいことです。(私は、志度〜大町190円、大町〜瓦町350円、瓦町〜一宮350円と本来なら890円要るところ、志度から一宮まで520円のきっぷを買って、大町と瓦町で下車することができたのです)

 どうでもよい話になりましたが(元々私の話はどうでもよいことが多い)この大町で降りたのは、先ほど徳島で蕎麦を食べ損ねたため、せめてさぬきうどんでも・・・と思ったのです。さぬきうどんならここで降りなくても街まで行けば、いくらでもあるのですが、チエーン店ながら評判がよいという店に行ってみたいと思いました。
 大町駅から徒歩6〜8分らしいのですが、途中にこんなオブジェが。
omaobbjtyu.jpg
 なんかよくわかりませんね。この周辺は庵治石という有名な石の産出地なので、そのPRでしょうか?

 そしてほどなく目的のお店。
setobbbgf.jpg


 広い店内。食事時間帯ではないのでよく空いていますが、昼食時などは大盛況だとか。
tonanga.jpg


 とっしーが頂いたのは、かけうどん小にウズラの卵フライ、それとかき揚げ。
toudddxs.jpg
 うどんはもちろんセルフです。


 再び大町駅までもどり、屋島の裾を通って瓦町で下車。商店街をブラブラしたあとコトデン琴平線で一宮へと。
kotsyannhgt.jpg
 やって来たのは子どもが喜ぶ「ことちゃんひやく号」。
ことでん開業100周年を記念して誕生したラッピング電車。コトデンには「ことちゃんと、ことみちゃん」というキャラクターがいます。その「ことみちゃん」が先頭車両にいました。「ことちゃん」は確か後ろの車両でした。


kotsotnbv.jpg

kotsyaichim.jpg

kottirbv.jpg
 今夜はこの一宮駅から徒歩約20分のN氏宅でお世話になります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 祖谷そば

ユウジさんこんにちは。

> 昔、っといってももう25年くらい前だったか、祖谷渓谷(かずら橋付近)にあった1軒の蕎麦屋に家族3人で入ったんですよ。

私も初めて祖谷そばを食べたのは川の右岸、通行有料のかずら橋入口近く、土産物店のようなそば屋のようなところでした。
次に行ったのはちょうど10年前、2007年の11月。その時には対岸に醜悪な駐車場兼大食堂・観光物産施設ができていて、驚いたものです。秘境祖谷にあんな建造物は要らないだろうと憤慨しました。

そうそう、肝心のそばですが、これは好みが分かれるところですね。
なんかプツプツと短く切れる感じ。味はまあ蕎麦そのものなんですが。


> あれってもう食べることは出来ないんですかねぇ~。
さあどうなんでしょう。でも美味しかった思い出は取っておく方がよいかもです。

祖谷そば

昔、っといってももう25年くらい前だったか、祖谷渓谷(かずら橋付近)にあった1軒の蕎麦屋に家族3人で入ったんですよ。
出て来たのは蕎麦湯に入った蕎麦のみの祖谷蕎麦(薬味すらない)。

ちょっと書き方が変ですけど、ようは味付けは一切していない蕎麦だけ?みたいなもんです。

こ~れが意外に美味かった。


その数年後(10年以上先)、またまた同じ場所へ蕎麦を食べに行ったんですが、その店はすでに無くなっていました(道路環境も変っていた)。
しかたないから近くの蕎麦屋に入り当時と同じ祖谷そばを頼んだんですが、これが正直普通に味付けされた至って普通の蕎麦(たぶん麺自体は違うんだろうけど)・・・

あれってもう食べることは出来ないんですかねぇ~。

プロフィール

とっしー

  • Author:とっしー
  • とっしーのつれづれへようこそ!

    几帳面なA型。
    カラオケでは演歌。なんたって日本人は七五調です。

    写真撮影、旅行などを静かに楽しむのが好きです。

    次の目的地まで、地元の純米酒などを味わいながら、ゆっくりとした列車で流れゆく風景を眺める、なんていいですね。

    気に入った風景、鉄道、その他の画像を入れてゆこうと思います。
    たまに覗いてくださいね。

  • 北海道 旅行情報
    北海道 旅行情報
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク