小ドライブ2日目その2


 尾鷲 “お魚いちば おとと” で昼食を済ませ、一路伊勢をめざします。
尾鷲北インターから紀勢道を走りますが、いきなり長いトンネル。紀伊長島インターまでは無料区間です。しかしトンネルが多いなあ・・・。
isahhgf.jpg

 勢和多気ジャンクションからは伊勢道に入り、ここ伊勢インターまで尾鷲から約1時間。
isbtred.jpg

 そしてここからは “伊勢二見鳥羽ライン” に入るのですが、つい先月(3月10日)までは有料だったところ。二見までは100円だったそうですが、無料となったのは小額でもなんか嬉しい。
isceswa.jpg

isdxzpu.jpg


 二見浦の駐車場に到着。収容台数が少なく、前には2台の順番待ちの車がいましたが、5分ほど待って停めることができました。まあここは夫婦岩を見るくらいなので、長時間滞在の人はいないでしょう。
isevcps.jpg

isfxzmn.jpg

 お決まりの夫婦岩に向かいます。
isgbnmk.jpg
 晴れてはいますが青空ではないので、海の色も今ひとつ。ここへ来たのも35年ぶりくらいかな。また関西の小学校の修学旅行では、定番のところでしたね。その修学旅行で来たのは50数年前のこと。


 駐車場へ戻り、もう少し先の旅館街を見てみます。


 これは賓日館(ひんじつかん)という立派な建物、今は資料館になっていますが、過去には天皇や皇族などの宿や休憩所だったそうな。
ishwaz.jpg


 上記建物はよいのですが、かって賑わった通りはこの有様。
iskwxzk.jpg
 多くの店はシャッターをおろし、昔日の面影は全くありません。私が修学旅行で泊まった宿も廃業したらしい。
 夫婦岩周辺は結構賑わっているのです。その客を呼び込めない施策がダメなんでしょうね。JR二見浦駅も駅員無配置で利用者も少ないらしく、そこから夫婦岩につづく旅館土産物街は全くダメ。
かっての伊勢詣や修学旅行で、何の努力もせずに客がやって来た、殿様商売が身についていたのでしょう。
先ほどの駐車場にしても狭いし、ルートがよくわからない。細い路地のような道も通らねばなりません。少し離れたところにちょっと広い無料駐車場があるのですが、ここへの誘導もよくわからずPRも不足。まったくやる気無しと思いましたね。私は来る前に、ネットでさんざん調べてきましたが、そんなことせずとも、簡単に来れるようなところにしないと客は来ませんよ。
 夫婦岩あたりにたくさんいた人達ってどこから・・・?と思ったら、この二見の旅館街(寂れた・・くどい)からは、夫婦岩を通り越した反対側に大きな観光施設があるようで、伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイスとなんとも長い名称。ここは有料でも(平日と土日は料金が異なる)広い駐車場があり、大型の観光バスも停められるし夫婦岩へも徒歩で近い。伊勢夫婦岩ショッピングプラザというのも併設されていて、いわば何でも揃った施設があるのです。団体向けのレストランもあるようなので、そりゃみんなそこへ行くことでしょう。
 そういった車社会を見通せず、旧態然とした観光施策が今のような状況をもたらしたのだろうと、とっしーは思います。


 その二見浦から伊勢神宮(内宮)へやってきました。
naiaxdf.jpg
  またつづく・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とっしー

  • Author:とっしー
  • とっしーのつれづれへようこそ!

    几帳面なA型。
    カラオケでは演歌。なんたって日本人は七五調です。

    写真撮影、旅行などを静かに楽しむのが好きです。

    次の目的地まで、地元の純米酒などを味わいながら、ゆっくりとした列車で流れゆく風景を眺める、なんていいですね。

    気に入った風景、鉄道、その他の画像を入れてゆこうと思います。
    たまに覗いてくださいね。

  • 北海道 旅行情報
    北海道 旅行情報
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク