小ドライブ

 つい先日、週末にお出かけの予定があるとブログでアップしていました。

  かく言う私もお出かけの予定があるのですが。どうなるのかなあ・・・。

     と。

 天気予報では、あまりパッとしない感じ。むしろ雨模様だとのことで、観光地の関係者はヤキモキだろうと。もちろん私もヤキモキ。

 ハイ。それでもやはり出かけてきました。(宿泊予約済)
タイトルでは “小ドライブ” としていますが、実際は1泊2日で600㎞あまり走行。なので小ではないかな。

 本来の目的地は三重県南部の熊野です。かんじんの空模様ですが、家を出る時はパラパラと、傘がいらない程度の小雨。

 まずは阪神高速から阪和道、南阪奈を走行。葛城インターを出てすぐのところ、昨年(2016)11月に出来たばかりの道の駅「かつらぎ」で小休止。

miekanoassd.jpg

minoekanobttr.jpg
 外でこんにゃくを売っていました。

 中はこの土地らしく、花などもキレイ。
minoekacrfrfd.jpg



 その後五條市を過ぎて国道168号を進んで行くと、どんどん山深くなり、道もカーブとトンネルが続きます。険しい山中ですが道路の改良が進んでいます。ところどころ狭いところもありますが走行はしやすい。かってはもっともっと悪路でしたね。

 すると、道路脇にこんな標識。
minoakadnbvc.jpg
 “にくの星そこうよ” なんじゃあこりゃ? こんなのに気を取られると運転危険。(私は道路脇に停車)


 ホントのところは、すぐ近く「道の駅 吉野路大塔」にある、 星のくに でした。
minoekaecxds.jpg



 その道の駅から走ること約20㎞で十津川村の上野地。メインの道路から少し旧道に入り、また左折してこの上の駐車場へ。
tansedwwsa.jpg
 駐車料金500円。橋の通行は無料なので、橋の通行料と思えば安いものかな。
uecyukkkgf.jpg



 ここは有名な “谷瀬の吊り橋”
minoekagbbvgf.jpg
 日本一と書いてありますが、人道橋としては茨城県の「龍神大吊橋」や、大分県の「九重夢大吊橋」がより長いですが、これらは観光用に造られた有料橋。
その点この谷瀬のはまさに生活道路(橋)で、もちろん無料。季節によっては観光客も多いそうですが、地元の方は自転車やミニバイクで通るとか。(自転車・ミニバイク地元の人以外はダメ)ダメでなくてもとっしーは遠慮します。

tansecsszx.jpg


 実はとっしーここへ来たのは3回目。最初は1969年の7月ですから、もう48年も前。
tanseaqou.jpg
 若き日のとっしー(スマートですね)。当時国鉄が売り出していた、エック(今や死語、50代以上の方は覚えているかな)で、伊丹在住のT君と国鉄バス五新線(五条と新宮を結んでいた)利用で湯ノ峰温泉・瀞峡をめぐるというものでした。路線バスはここ上野地で運転手が休憩。現在は奈良交通のバスが八木〜新宮間を6時間半ほどかけて走っています。高速道路を走らない路線バスとしては、日本一走行距離が長いそうです。(約170㎞)


 これが現在のとっしー。変われば変わるもの・・・ずいぶん体型が違うこと(笑)。
tansebgfjjh.jpg
 それ以上に?橋の構造も変わっていますね。今では相当丈夫で安全な感じ。それでも結構揺れます。

 2回目来たのは1996年秋(20年あまり前)。仕事で宇宙人のA君と、車でこのあたりを廻った時に立ち寄りました。仕事途中ですから写真はありません。その時はそのあと下北山村で仕事があり、国道425号線で向かいましたが、これがとんでもない悪路。いわゆる酷道で、峠を越えたあたりでA君が「ブレーキが効きません」と。いわゆるフェード現象でしょうか。しばらく道路脇(と言っても狭い道。でも何より対向車が来ない。車が走っていない)に停めたものでした。
今なら酷道425号線(死にGO線)という情報もありますが、当時は全く予備知識はありませんでした。

 それはともかく、今日はこれから本宮方面へと向かいます。路面は濡れていたりしますが、これまで傘の出番は無し。

  つづく・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

> 行ったぁ~~~~、大昔、谷瀬の吊り橋へ。
ユウジさんも行かれましたか。

> でも今のとっしーさん、体型が違いすぎて笑える・・・(失礼)。
ハハハ・・・こりゃどうにかせんといかんですね。

> 実はこの吊橋よりもっと怖い、ちょっと下流にある林橋(低いけどやたらと揺れる細い吊橋)がありまして、それがどうなったか?が気になりだしました。
> 息子の所へ遊びに行くついでに、今度行ってみよう。
十津川 吊り橋で検索すると、とてもたくさんあるようです。林橋は谷瀬と並んで代表格ですね。
ついでにって・・・相当離れていますが。

> そこまで行くまでの道路もそうとう変わりませんでしたか?
そうです。道路はうんと改良が進んでいますね。かっては離合困難な箇所がたくさんありましたから。
たいへんな工事だっただろうと思いますし、日本の土木技術には感心します。
今回走ったところには、まだまだ工事中の箇所がたくさんありました。

No title

行ったぁ~~~~、大昔、谷瀬の吊り橋へ。

って、以前から私のブログを読まれているとっしーさんなら知っているか。

昔のとっしーさん若い!
でも今のとっしーさん、体型が違いすぎて笑える・・・(失礼)。

実はこの吊橋よりもっと怖い、ちょっと下流にある林橋(低いけどやたらと揺れる細い吊橋)がありまして、それがどうなったか?が気になりだしました。
息子の所へ遊びに行くついでに、今度行ってみよう。

そこまで行くまでの道路もそうとう変わりませんでしたか?、私が行った当時ですら新道を造っている途中で、今後どんな風に変わるんだろう?っと興味がありましたので。
プロフィール

とっしー

  • Author:とっしー
  • とっしーのつれづれへようこそ!

    几帳面なA型。
    カラオケでは演歌。なんたって日本人は七五調です。

    写真撮影、旅行などを静かに楽しむのが好きです。

    次の目的地まで、地元の純米酒などを味わいながら、ゆっくりとした列車で流れゆく風景を眺める、なんていいですね。

    気に入った風景、鉄道、その他の画像を入れてゆこうと思います。
    たまに覗いてくださいね。

  • 北海道 旅行情報
    北海道 旅行情報
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク