お得なバスの旅その1

 昨日(2月25日)ちょっと路線バスの旅をしてきました。と言っても、蛭子さんや太川さんのような長距離ではありません。

 阪急バスの環境問題への取り組みの1つとして(他にも採用のバス会社あり)、マイカー利用を抑制し、バス利用を促進することを目的に、土曜、日祝日のご利用金額の割引を開始しました。

 ということで、具体的には家族の誰かが通勤定期を持っていれば、同行家族はひとり100円で乗車できるというもの。また本人も定期券の料金区間外まで乗り越しても100円で済むというのです。しかも阪急バスの通勤定期は持参人式ですから、記名人以外でも使用できるのです。

 このシステムを利用してちょっとお出かけしようと思います。

 乗り換えのバス停へと向かう途中、中国道に架かる橋の上からパチリ。正面の山は六甲山系。空気はひんやり冷たいですがよい天気です。よく渋滞するこの区間、今日はあまり混雑していないようです。
banoagghgf.jpg


 そして本題のバスですが、これは私が途中から乗った、大阪空港から宝塚行きのバス車中の様子。思ったより乗車率は良いようです。1時間に1本程度の運行、もっとガラガラかと予想していたのですが。
banoboiuhy.jpg



 宝塚駅前に到着。右がJR側左は阪急。ここまで阪急バス3路線(240円×2、220円×1)に乗ってきたのですが、持っている定期券の料金内なのですべて支払い料金発生無し。
banocewsdq.jpg


 これから乗車する有馬温泉行き。
banodzasxp.jpg


 宝塚から有馬温泉までは570円なのですが、上記の理由から降車時に、運転手に「エコ定期です」と伝えて100円支払うだけでよいのです。確かにお得なんですが、ホントにこんなのでよいのかとちょっと心配。以前阪急高速バスのチケットを購入した時、係のおじさんにこの旨話したら、「どうぞどうぞ、利用して頂くだけで嬉しい」とおっしゃっていました。

 宝塚を出て15分もすればこんな山の中。急坂と急カーブの連続で、どんどん高度を上げていきます。
banoeybgth.jpg

 このバスも、まあまあの乗車率です。土曜日で、しかもよい天気、有馬温泉への観光客が多いのでしょう。
banofewsaqkj.jpg


 約40分で有馬温泉に到着。山の中を走ってきて、突然街が現れるという感じですね。
banogvcnbz.jpg

banohwaqpkj.jpg


 せっかくですから少しブラブラすることにしましょう。乗ってきたバスの到着地点の、観光案内所を兼ねた阪急バスの有馬温泉バス停から、狭いゆるゆるとした坂を登って行くと、有馬名物 金泉 。
banojnbkgv.jpg

banomhgfcd.jpg


 併設して道沿いに無料の足湯があります。
banootrfdek.jpg

 それではとっしーも。
banoprdeskz.jpg
 
banorxswhb.jpg
 こんなこともあろうかと、ちゃんと足拭きタオルを持参してきました。

 とっしーが、タオルで足を拭き終えて、立ち去ろうとした時にはもうこんなに混雑。半数以上がニイハオなど外国の方のようです。
banoqxzsamn.jpg

 もう少し温泉町の坂を登って行きます・・・  つづく
スポンサーサイト

暖かくならないので

 いっこうに暖かくなりませんねえ。
こんな時は日本酒の熱燗にかぎります。と昨日買ってきたのは・・・あまり燗はしないほうがよいかも の・・このお酒たち。

amdakukub.jpg


 今や超有名になりすぎた獺祭。年中醸造されていて、以前に比べ入手しやすくなりましたが、これは珍しく期間限定の寒づくり。
早速飲んでみましたが、なかなかフルーティです。純米大吟醸なのであまりこってりした肴には合わないと思いますね。刺身ならヒラメ、あと湯豆腐のようにさっぱりとしたものとか、上質のかまぼこなどを食べるときに向いているのではないかと思います。
amdakukuc.jpg
 今月製造、早く飲んでしまおう(笑)。


 そしてもうひとつの銘柄。ラベルがすごいウルトラドライ。
amdakukud.jpg
 これは、ややぬるめの燗でいただきました。とっしーの好みの味です。
amdakukue.jpg
 買う時は、佐賀県の酒というだけの知識でしたが、よくよく見るとこの天吹(あまぶき)酒造、家人の故郷のすぐ近くの蔵だそうです。

気温乱高下

 寒い日が多かったこの冬でしたが、やっと少しは春めいて・・・と思いきや、またまた真冬の寒さがぶり返すという日々が続いています。

 きのうまで少し暖かかったのですが、今日また雨のあとは寒気が入るそうで、やはり彼岸の頃まではなかなかホントの春というわけにはいかないようです。

 そんな中、今年もメジロでも呼び込んで、少しは春を感じたいとミカンを用意しました。

pipimejjg.jpg


 すごいですねえ、木の枝にミカンを刺したら、30分もしないうちに飛んできました。
 彼らの嗅覚というか視覚というかはどうなっているのでしょうねえ。

 まずはあまりお呼びでない“ヒヨドリ”がやってきて、大きな体格でだいぶついばんでいきました。
 その後少し遅れてこのメジロ。やはりこの方がかわいいです。

 鳥も見た目で判断されるのはかわいそうかなあ。

 適当にガラス越し、しかも結構トリミングしているので、荒い画像ですみません。
プロフィール

とっしー

  • Author:とっしー
  • とっしーのつれづれへようこそ!

    几帳面なA型。
    カラオケでは演歌。なんたって日本人は七五調です。

    写真撮影、旅行などを静かに楽しむのが好きです。

    次の目的地まで、地元の純米酒などを味わいながら、ゆっくりとした列車で流れゆく風景を眺める、なんていいですね。

    気に入った風景、鉄道、その他の画像を入れてゆこうと思います。
    たまに覗いてくださいね。

  • 北海道 旅行情報
    北海道 旅行情報
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク